« ■熊沢さん家族に教えられたこと | トップページ | ■節子への挽歌4490:引きこもり体験者の集まり »

2019/12/17

■節子への挽歌4489:2回目の孫の回転ずし

節子

七五三詣での後、みんなで回転寿司に行ったのが孫のお寿司屋さんデビューでしたが、どうもお寿司が気に入ったようです。
といっても、前回は挽歌でも書きましたが、予定していたお寿司屋さんが休業だったので、近くの一皿90円の「浜寿司」に行ったのですが、最近、浜寿司は回転しなくなったのです。
ですから孫は「開店」が体験できませんでした。

それで、「今度は回っているお寿司屋さんに行きたい」と孫が言っているというので、今日はみんなで近くの「寿司勢」に行きました。
ここも回転寿司なのですが、ほんのちょっとだけ高級なのです。

このお寿司屋さんは、節子が病気中にできたお店で、節子は数回してきてないでしょう。
私は、節子を見送った後は、家族で一度来ただけです。
孫と来るのはもちろん初めてです。

一応回転寿司ですが、回っているところが高いので、孫にはほとんど見えません。
それにここは基本的には注文制なのです。
それでも孫は気に入ったようで、お子様用に小さく切ってもらい、旗までつけてもらいご機嫌でした。
孫は卵アレルギーなので、子どもセットメニューはだめなのですが、好きなエビなどを6貫も食べていました。

私は逆にお寿司はあんまり好きではないので(ファストフードとしては時々食べますが)、ランチセットを頼んだら、それでもうお腹いっぱいになってしまいました。

会計をしたら、前回の浜寿司の4倍くらいでした。
今回もお金がなかったので(持って行くのを忘れたのです)娘に頼みました。
困ったものです。

|

« ■熊沢さん家族に教えられたこと | トップページ | ■節子への挽歌4490:引きこもり体験者の集まり »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■熊沢さん家族に教えられたこと | トップページ | ■節子への挽歌4490:引きこもり体験者の集まり »