« ■節子への挽歌4486:衝撃的な電話 | トップページ | ■年末年始のオープンサロンのお誘い »

2019/12/15

■今年の漢字は「怒」でしょう

先日、今年の漢字が発表されました。
「令」でした。
社会の風潮を示しています。
それはそれとして、今年を漢字一文字で表すとすれば、私は「怒」です。
今年ほど、「怒」を感じた年はありません。
いささか感情的ですが、怒の矛先はすべてに向かっています。
もちろん自分にも、です。

怒りが行動を引き起こすとよく言われますが、高齢になると、怒りは行動ではなく、心筋梗塞や体調不良を起こします。
困ったものですが。

今年の漢字が「令」になったことを知って、「怒」は「諦」に転じました。

相変わらず「お上」の命令に従って生きることを選んでいるのです。

「諦め」は行動には通じませんが、心身の健康にはよさそうです。
健康に年を超せそうです。
いささか落ち込んではいますが。

 

|

« ■節子への挽歌4486:衝撃的な電話 | トップページ | ■年末年始のオープンサロンのお誘い »

社会時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4486:衝撃的な電話 | トップページ | ■年末年始のオープンサロンのお誘い »