« ■ゴーンさんへの評価が好転しました | トップページ | ■節子への挽歌4509:誰かの荷物を背負い込んでしまう傾向 »

2020/01/08

■節子への挽歌4508:気ぜわしさから抜けられません

節子

どうも挽歌が書けません。
何かとバタバタしすぎているのです。

サロンの翌日は、ちょっとある人が心配になって、湯島で会いました。
過労気味な様子だったので、ゆっくり休んだ方がいいと言っていたのですが、それにしたがい、奥さんと2人で年始は温泉旅行に行ったそうです。
ところが、そこから、不安で部屋を動き回っているというメールが届きました。
そういうメールを読めば、私も不安に襲われます。

そこで急きょ、朝、湯島で会うことにしたのです。
たしかに尋常でない。
身体が止まらないのです。
それで時間を延ばして食事をしたり話をしたりしていましたが、次の約束があったため3時前に別れました。

後ろ髪引かれるとはこういうことでしょうか。
その後もずっと気になっていました。
何事もなければいいなという思いでした。

夕方メールが入りました。
やはり帰路の途中でどうしようもなくなり、クリニックに飛び込んだようです。
そこで薬をもらい一段落。
正直、ホッとしました。
と同時に、疲労感が全身を襲ってきました。

まあこんなこともあって、どうも挽歌を書くになれなくなってしまったのです。
しかしまあようやくその件も含めて、何とか少しずつ先が見えてきました。
今年も多難な年になりそうです。
実に困ったものではありますが、まあ誰かに言われたように、これが私の人生なのでしょう。

今日はようやく思考力が戻ってきて、やるべき宿題の一つを完成させました。
明日はもう2つの宿題をこなさなければいけません。
できるでしょうか。

ひとつは延期可能ですが、もう一つはそれをやらないと友人が困るので、延期できないのです。
気ぜわしさから当分抜けられそうもありません。

|

« ■ゴーンさんへの評価が好転しました | トップページ | ■節子への挽歌4509:誰かの荷物を背負い込んでしまう傾向 »

妻への挽歌19」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■ゴーンさんへの評価が好転しました | トップページ | ■節子への挽歌4509:誰かの荷物を背負い込んでしまう傾向 »