« ■節子への挽歌4527:金閣寺の記憶 | トップページ | ■節子への挽歌4529:マスクが店頭から消えました »

2020/02/18

■節子への挽歌4528:天龍寺の記憶

節子
金閣寺を書いたので、天龍寺もついでに書きます。

天龍寺は節子とは何回か行きました。
渡月橋近くで家族で宿泊した記憶もあります。
理由は思い出せませんが、家族みんなで嵐山の駅まで走った記憶もあります。
すべては今やあいまいな記憶でしかありませんが。

節子と最後に天龍寺に行ったのは、たぶん癌が発見される前の年だったと思います。
方丈の入り口につづく部屋で、2人で曹源池を見ていたら、たくさんの外国人がグループでやってきました。
その騒ぎで何となく気がそがれてしまい、方丈だけで出てきてしまった記憶があります。
そのことだけが記憶に残っています。

今回はじっくりと庭を歩いて、北門まで行きました。
娘が北門の後ろの竹林の道が最近は人気で、人であふれているらしいというので、そこものぞいてみましたが、最近の新型肺炎騒ぎで、この日は人がほとんどいませんでした。

P1040005

そこからまた法堂もどりに特別公開の龍に会いに行ったのですが、残念ながら土日しか公開しておらず、会えませんでした。
20年近く前に、節子と寄った竹細工のお店はまだありました。

近くの渡月橋もほとんど人がいませんでした。
こんな渡月橋は初めてです。

Kyoto20201
Kyoto20205

|

« ■節子への挽歌4527:金閣寺の記憶 | トップページ | ■節子への挽歌4529:マスクが店頭から消えました »

妻への挽歌19」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4527:金閣寺の記憶 | トップページ | ■節子への挽歌4529:マスクが店頭から消えました »