« ■節子への挽歌4544:エジプトにもう一度行きたかったです | トップページ | ■湯島サロン「くじらのことをもっと知ろう!」のご案内 »

2020/03/07

■新型コロナウイルスよりも恐ろしいもの

娘と歩いていたら、すれ違う方向で歩いてきた高齢の女性に笑顔であいさつされました。
自然と返事をしてしまいましたが、通り過ぎてから、娘から知り合い?と訊かれました。
単なるすれ違いのあいさつよりも親しみがこもっていたので、私も少し考えたのですが、知った顔ではありませんでした。

まあそれだけの話なのですが、「あいさつした彼女」も「あいさつを受けた私」もちょっと少し心が和んだことは間違いありません。

最近、新型ウイルスのせいで、マスクが流行っていますが、マスクは新型ウイルスを回避するかもしれませんが、人間も回避します。
話をすると飛沫が飛ぶので距離をとれとも言います。
これこそ人間同士の中を引き裂く陰謀ではないでしょうか。
私には新型コロナウイルスよりもおそろしい。

今日もマスクをせずに湯島に出てきました。
一応、いつもマスクは持ち歩いていますが、幸いに咳も出ないで今のところ使ったことがありません。

 

|

« ■節子への挽歌4544:エジプトにもう一度行きたかったです | トップページ | ■湯島サロン「くじらのことをもっと知ろう!」のご案内 »

社会時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4544:エジプトにもう一度行きたかったです | トップページ | ■湯島サロン「くじらのことをもっと知ろう!」のご案内 »