« ■湯島サロン「生活者目線で循環型社会を目指す-二本松での実践」のお誘い | トップページ | ■マスクよりもサロンが必要な時期 »

2020/03/19

■節子への挽歌4550:お彼岸の墓参り

節子

お彼岸でしたが、昨日はお墓に行きませんでした。
あんまり体調がよくないので1日ずらせてもらったのです。

今日もまだどことなく体調に違和感があるのですが、ユカに頼んで自動車で行ってもらいました。
お墓に着いた途端に電話があり、ちょっと長電話になってしまい、お墓の前で電話し続けていました。
その間、ユカがお墓の掃除をし花を活けてくれ、線香をあげてくれたので、私は般若心経をあげただけのお墓参りになってしまいました。

帰り際に隣の空き地を見たら、つくしんぼがにぎやかに芽を出していました。
今年の春は早そうです。

Tukushi2  

新型ウイルスが人間社会にはパニックを起こしているようですが、そんな騒ぎには惑わされずに、つくしんぼのように、自然に素直に生きていこうと思います。

しかしどうしてみんなこんなに病気を恐れるのでしょうか。
まさにそうした状況こそが、私には「病気」、気を病んでいる状況だろうと思います。
そう思ってはいるのですが、いまの私はどうも体調に違和感があります。
病んでいるのは「気」なのでしょうか。

 

|

« ■湯島サロン「生活者目線で循環型社会を目指す-二本松での実践」のお誘い | トップページ | ■マスクよりもサロンが必要な時期 »

妻への挽歌19」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■湯島サロン「生活者目線で循環型社会を目指す-二本松での実践」のお誘い | トップページ | ■マスクよりもサロンが必要な時期 »