« ■節子への挽歌4550:お彼岸の墓参り | トップページ | ■節子への挽歌4551:異常な世界 »

2020/03/20

■マスクよりもサロンが必要な時期

新型ウイルス騒ぎの中でも湯島のサロンは基本的には開催しています。
手洗いや換気には注意していますが、サロンの主旨は変えるつもりはありませんので。

この週末からしばらくは、むしろサロン続きです。
別に最近の自粛風潮に反発しているわけではありません。
自然とそうなっているだけです。
さすがに私も少し多すぎて疲れるのではないかと心配ですが。

しかし、不要不急や生産性の捉え方は、私の場合、世間の常識と真逆かもしれませんが、いまこそマスクよりもサロンが大切だと思っています。
口を閉ざすよりも、口を開くことの方が求められています。
生き方を見直すいい機会ですので、もし何か話したい方がいたら、ぜひサロンをやってください。

ちなみに当面のサロン予定です。
3月21日 万葉集サロン(「われ」と「おの」)
3月22日 リンカーンクラブサロン(多数者の専制の回避)
3月24日 新型ウイルスの謎
3月26日 茶色の朝シリーズサロン(種苗法)
3月29日 若い世代からのメッセージ(コミュニティと教育)
4月3日  生活者目線での循環型社会(二本松での実践)
4月4日  引き上げ3世の歴史認識
4月11日 無門関サロン

 よかったらご参加ください。

 

|

« ■節子への挽歌4550:お彼岸の墓参り | トップページ | ■節子への挽歌4551:異常な世界 »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4550:お彼岸の墓参り | トップページ | ■節子への挽歌4551:異常な世界 »