« ■節子への挽歌4553:ちょっと自慢話、でも真実とは違いますが | トップページ | ■士農工商は序列ではない? »

2020/03/21

■CWSサロン「知識ゼロで挑む無門関パート2〈世尊拈花〉」のお誘い

1月に開催した「知識ゼロで挑む無門関」サロンのパート2を開催します。
前回は、金子さんから「百丈野狐」を題材に「無門関」の読み方の手ほどきをしてもらいましたが、今回は「世尊拈花(せそんねんげ)」に取り組みます。
まだかなり先ですが、あらかじめ対象になる公案を読んでいただき、考えてもらっておくために、案内させてもらいます。

金子さんからのメッセージをお読みください。

前回の第2則「百丈野狐」は、輪廻や因果応報のやりとりをトリックに話が進み、全く違う答えが導き出されました。
禅門の修行者の「気構え」のようなものが提示されていました。

さて第2弾は第6則「世尊拈花(せそんねんげ)」を取り上げさせていただきます。
一般には、拈華微笑(ねんげみしょう)という言い方で、あるいは「以心伝心」という言い換えでご存知の人も多いでしょう。

「世尊(ブッダ)」が花をひねった、聴衆の中でただ一人、迦葉(かしょう)だけがそれを見て笑った。
このことで仏教の真髄は、(師のテストに合格した)迦葉ただ一人に伝えられた。
というお話です。

さてさて、この話の何が問題なのか?
もっとも優秀な弟子に当然のごとく伝わったというお話なのでは?

そこが禅の一筋縄ではいかないところ。
第6則は、私たちに「本当にそうか?それでいいのか?」を徹底的に問いつめます。

このお話には、師匠が弟子にどのようにその技芸における神髄を伝えるかという問題とそもそも「伝達」とは何か?
さらにはコミュニケーションの根本問題「伝わる/伝わらない」とはどういうことかを示唆します。
興趣尽きないお話です。

答えはおそらく皆様方の予想外の地点にあります。

さてさて、どんな展開になるのか。
前回もテキストとして利用した、岩波文庫の西村恵信訳註「無門関」の「世尊拈花」の部分を添付させてもらいました。
参加される方はあらかじめ読んでおいてください(当日もプリントアウトしてご持参ください)。

ダウンロード - e784a1e99680e996a2e38088e4b896e5b08ae68b88e88ab1e38089.docx

難しいテーマですが、「知識ゼロ」でもいいと金子さんは言ってくださっているので、気楽にご参加ください。
コミュニケーションの極意に気づかせてもらえるかもしれません。

〇日時:2020年4月11日(土曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ:
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇講師:金子英之さん(「無門関」永世愛読者/i2
associates代表
大学で東洋美術史を学んでからデザイナーをやっています)
〇テーマ:「知識ゼロで挑む無門関〈世尊拈花〉」
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修:
qzy00757@nifty.com

|

« ■節子への挽歌4553:ちょっと自慢話、でも真実とは違いますが | トップページ | ■士農工商は序列ではない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4553:ちょっと自慢話、でも真実とは違いますが | トップページ | ■士農工商は序列ではない? »