« ■節子への挽歌4578:例年とは違う大型連休の始まり | トップページ | ■節子への挽歌4580:庭の鉢の整理をがんばりました »

2020/04/29

■節子への挽歌4579:まずは庭に出よう

節子

今日はいい天気になりました。
気を取り直して、庭の整理をすることにしました。

最近の日課である、コロナ関連のテレビ番組の録画を早送りでチェック。そのあと、ホームセンターに肥料を買いに行きました。
いつもなら、野菜の苗を購入するのですが、今回はパスしました。

しかし、売り場でたくさんの花に触れていたら、元気が戻ってきました。
自然の力は、やはりすごいです。
昨今は、コロナウイルス対策で、外出自粛でステイホームが叫ばれていますが、これはとんでもない愚策に思えます。
自宅に引きこもっていれば、生命力は損なわれていくでしょう。
それこそが、コロナの目的かもしれません。

庭の花の手入れを始めようと思います。
まずは節子が大事にしていた、牡丹と芍薬。
いずれもほぼ枯れかけているのです。
復活するといいのですが。
いずれも思い出の花です。

 

|

« ■節子への挽歌4578:例年とは違う大型連休の始まり | トップページ | ■節子への挽歌4580:庭の鉢の整理をがんばりました »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4578:例年とは違う大型連休の始まり | トップページ | ■節子への挽歌4580:庭の鉢の整理をがんばりました »