« ■節子への挽歌4567:63歳の岡江さんのコロナ死 | トップページ | ■節子への挽歌4569:ストレス・パンデミック »

2020/04/24

■節子への挽歌4568:兄夫婦の顔を見に行きました

節子

今日は思い立って、お墓に行きました。
さすがにお参りの人は皆無でした。
先日の菊の花がまだがんばって咲いていました。

お墓に立ち寄ったのは、兄夫婦の家にちょっと顔を見に行ったからです。
新型コロナで、いつ、会えなくなるかもしれません。
まあそんなこともあって、顔だけを見に行ったわけです。

最近は外出も控えているようですが、万一のこともありますので。
幸いにいまのところは2人とも異常なしです。
家に入るのもちょっと気が引けたので、マスク越しの奇妙な会話でしたが。

岡江さんの急逝は他人事ではありません。
いつ同じようなことが私にも起こるかもしれません。
一応、そのための準備だけはしておこうと思ったわけです。

感染症は、人の別れを残酷なものにします。
死に際にも直接接触できないのでは、立ち直れなくしてしまうかもしれません。
なにか方法があるはずですが、私が当事者になったら、たぶん禁を犯したくなるでしょう。

いつ別れが来るかもしれないという緊張感を持って、健康の人と付き合うのは初めてです。
それも含めて、いろいろなことを考えるいい機会になっています。

 

|

« ■節子への挽歌4567:63歳の岡江さんのコロナ死 | トップページ | ■節子への挽歌4569:ストレス・パンデミック »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4567:63歳の岡江さんのコロナ死 | トップページ | ■節子への挽歌4569:ストレス・パンデミック »