« ■節子への挽歌4559:追悼文が書けません | トップページ | ■節子への挽歌4561:喉の調子があまりよくありません »

2020/04/20

■節子への挽歌4560:「友になる前に逝ってしまった友に」

節子

昨夜、3時に目が覚めてしまいました。
寝る前に挽歌に書いた友人の追悼文の書き出しが思いつきました。
「友になる前に逝ってしまった友に」です。

友だち付き合いがあったわけではないので、書く内容が思いつかなかったのですが、このタイトルであれば、何となく書けそうです。
しかし、このタイトルを思いついた途端に、今度はこれまで送ってしまった友人たちの顔が浮かんできました。
不思議なもので、見送った人の顔ははっきりと思いだせるものです。
友になっていようと、なっていまいと。

もしかしたら、人とは死別してからこそ友になれるのかもしれません。
考えてみると、死者はみんな早く逝きすぎます。
もう少し時間があれば、もっと良い友になっただろうと思うことはしばしあります。
友としてやり残したことの多さに後悔することもある。
いろんな人に関して、そんなことを思っていたら、ますます眠れなくなりました。

そして、早く逝くからこそ、追悼文なのだと気が付きました。
私もみんなに追悼されるように、遅れずに逝けるといいのですが。
そんなことを考え出したら、ようやくいつのまにか眠っていました。

夢の中で追悼文が書けたような気がしましたが、目が覚めたら、やはりなかなか書けません。
困ったものです。

 

|

« ■節子への挽歌4559:追悼文が書けません | トップページ | ■節子への挽歌4561:喉の調子があまりよくありません »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4559:追悼文が書けません | トップページ | ■節子への挽歌4561:喉の調子があまりよくありません »