« ■土曜サロン(20200425)の報告 | トップページ | ■皆さんにも是非読んでほしくて紹介させてもらいます »

2020/04/26

■節子への挽歌4572:湯島サロンでお茶を点ててくださいました

節子

時評編に書きましたが、昨日、湯島でサロンをやりました。
この時期に電車に乗るのは危険だという人もいますが、逆に電車は空いていますので、危険性はそうありません。
できるだけ何にも触らないように注意していれば、そう危険性はないように思います。

2週間ぶりの湯島でしたが、洗面所の電気がつけっぱなしでした。
前回、きちんと確認したかったためですが、水が出っぱなしだったり、エアコンがついていたりしたこともありますが、いろんな人が使うので、注意しないといけません。
前月は、使用水道料が例月の5倍以上だという注意書きが投かんされていました。みんなで使うということの難しさかもしれません。

植物はみんな元気でした。
郵便受けは満杯でしたが、あふれてはいませんでした。

サロンには5人の参加者がありました。
その中の2人は、コロナ騒ぎで元気になったという人でした。
ひとりはいろんな相談に乗る活動をしている人ですが、相談事が増えてきて、自分のやるべきことが増えてきたのが理由のようです。
もう一人は、本人自身、いろんな難題によってメンタルダウンしてしまい、少し前までは湯島にはとても来られない状況だったそうです。
コロナ騒ぎでもっと大きな問題に囲まれ出して、そんな自分が抱えている問題が相対化できたおかげで、元気になったのではないかと推測しましたが、これまで何回か来ていた湯島サロンで、これほどアクティブな彼を見たのは初めてです。
私には、2人の様子はうれしいことです。

ところで今回は、最近サロンの情報売れになってきたIさんがお茶のお点前を持って参加してくれました。
そして入ってくるなり、お茶を点ててくださり、みんなにふるまってくれました。
お茶請けの和菓子までも。
抹茶の緑と香りを味あわせたかったというのです。

遠くからわざわざ電車でやってきてくださる勇気もさることながら、そのお心遣いに感謝しました。
やはりいざとなったら強いのは女性です。

 

|

« ■土曜サロン(20200425)の報告 | トップページ | ■皆さんにも是非読んでほしくて紹介させてもらいます »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■土曜サロン(20200425)の報告 | トップページ | ■皆さんにも是非読んでほしくて紹介させてもらいます »