« ■節子への挽歌4666:贈り物の効用 | トップページ | ■湯島サロン「山本太郎さんの都知事選立候補から政治を考える」報告 »

2020/06/29

■愛のある政治

私はこれまで「政治」に大きな期待を持ったことが一度だけあります。
鳩山友紀夫さんが首相になって「友愛政治」を提唱した時です。

政治の基本は「愛」だと私は思っていますが(ちなみに経済の基本も「愛」ですし、企業経営の基本も「愛」というのが私の信条です)、政治に「友愛」とは理念的すぎると当時批判的な人も少なくありませんでした。
残念ながら、鳩山さんの友愛政治は挫折し、私にとっては冬の政治の時代が戻ってきました。

しかし、今回、都知事選に出た山本太郎さんは「愛ある政治」を呼びかけています。
そこに大きな期待を持っています。

都民の人たちが、愛にめざめて、山本太郎さんを知事に選んでくれることを祈っています。
都民の方は、ぜひ山本太郎さんのメッセージを聴いてください。
そして、改めて「愛」を思い出してほしいです。

|

« ■節子への挽歌4666:贈り物の効用 | トップページ | ■湯島サロン「山本太郎さんの都知事選立候補から政治を考える」報告 »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4666:贈り物の効用 | トップページ | ■湯島サロン「山本太郎さんの都知事選立候補から政治を考える」報告 »