« ■節子への挽歌4630:テレビ体操を始めました | トップページ | ■節子への挽歌4632:遺跡発掘のような作業 »

2020/06/04

■節子への挽歌4631:和室がなくなります

節子

30度を超える夏のような暑い一日でした。
相変わらず外出時のマスクはルールになっていますので、この夏はコロナウイルス感染症はともかく、病気になる人は増えそうです。死者も減るでしょう。全くコロナ対策は間違っているとしか思えません。

私はマスクが嫌いなので外出しないようにしていますが、今日は午前と午後、2回も外出しました。
いずれもマスクをしてです。
午後は来客もありましたが、これはマスクなしで対応。
娘も私も、コロナよりも病を気にしています。

今日の午前中の外出はリフォームの相談です。
わが家の和室を洋室にすることにしました。
和室は節子がこだわっていたところで、わが家の文化にはあまりなじみがない床の間もつくりました。
それもちょっとこだわっていたようです。
節子お気に入りの見えないこだわりが込められていました。
そこをこわすことになったのです。
節子が嘆くことでしょう。

今回リフォームすることになって、いろんなところに節子のこだわりがあることを知りました。こだわって建てたにもかかわらず、節子はその家を十分には楽しまないまま、病気になってしまいました。
結局、和室は節子の病室になりました。
結果的に見れば、最後を暮す家としては、不便はなかったように思います。
それは大きな救いです。

しかし、元気であれば、この家には節子の友人たちがもっと遊びに来たことでしょう。
私たちも、老後の豊かな暮らしの場にできたはずです。
それができずに、なんだか抜け殻のような家になってしまっているわけですが、

リフォームを考えると、それこそいろんなことを思わずにはいられません。
ちなみに私のこだわりの部屋も、今回ほぼすべて模様替えです。
暮らしの風景が、たぶん大きく変わるでしょう。

資金の関係で、希望はあまり適えられないのですが、慣れるまではちょっと大変かもしれません。
工事は夏以降からのようですが、節子と一緒に過ごしたこの家で暮らせるのもあと数か月です。
ちょっとさみしい気もします。

先月読んだ磯野さんの「医療者が語る答えなき世界」にはこんな文章がありました。

私たちは住んでいる場所や、それまで使ってきたモノ、そこで過ごしてきた時間に様々な意味を付与し、その意味とともに暮らす生き物でもある。亡くなった両親の実家を取り壊す時、それが単なるモノと場所の消滅以上の意味を持ち、私たちに複雑な感情を抱かせるのは、その空間に両親とともに生きてきた時間が流れているからである。

その意味がよくわかります。

 

|

« ■節子への挽歌4630:テレビ体操を始めました | トップページ | ■節子への挽歌4632:遺跡発掘のような作業 »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4630:テレビ体操を始めました | トップページ | ■節子への挽歌4632:遺跡発掘のような作業 »