« ■節子への挽歌4682:「老いと病と死を超えた、本当の幸せ」 | トップページ | ■節子への挽歌4684:琉球朝顔が咲き出しています »

2020/07/09

■節子への挽歌4683:仮住まい状況

節子

ユカとジュンがリフォームのためにショールームにユニットバスとシステムキチンの打ち合わせをしに、ショールームに行くので付き合いました。
私は特にいかなくてもいいだろうと思っていましたが、一応、誘われましたので、まあ気分転換も兼ねて同行したのです。

いまのわが家の浴室は、広くて、窓もあって快適です。
今度は次女夫婦と同居するので、その浴室は次女家族に譲り、私と長女は2回に移るので、2階にも浴室を創ることにしたのです。
造作の関係で、2階のお風呂は窓がつくれません。広さもちょっと狭くなります。
今度の浴室を見せてもらいましたが、今まで広い浴室に慣れていたので、かなり圧迫感があります。

次女たちは、しかし逆に、いまのわが家の浴室は広すぎるので狭くする予定です。広いままでいいじゃないかと思うのですが、広いことのメリットはあんまり感じていないようです。結婚前はこの広い風呂に入っていたのですが、現在の浴室が狭いので、それをベースに考えてしまうようです。
まあ結果的にはいずれも同じ大きさの浴室になりそうです。

ことほど左様に、人は自らが置かれている状況を踏まえて、考えるものです。

リフォームのために、私も一時期、書庫をこわし、書類や雑誌書籍の整理に取り組みだしました。かなり整理しましたが、途中で止まってしまっています。だから書庫も書斎も寝室も、いまはまだめちゃくちゃの状況です。
書庫に合った書棚の本は段ボールなどに詰めてしまったので、どこにあるかもうわかりません。昨日は「ベン・ハー」を運よく見つけられましたが、今日は雑誌「流砂」のバックナンバーを探しましたが、見つかりませんでした。

なんだか「仮住まい」しているような感じです。
それもあって、どうも気分が落ち着かないのかもしれません。

 

|

« ■節子への挽歌4682:「老いと病と死を超えた、本当の幸せ」 | トップページ | ■節子への挽歌4684:琉球朝顔が咲き出しています »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4682:「老いと病と死を超えた、本当の幸せ」 | トップページ | ■節子への挽歌4684:琉球朝顔が咲き出しています »