« ■ALS患者の言葉に深く耳を傾けたい | トップページ | ■節子への挽歌4706:かき氷が届きました »

2020/07/26

■節子への挽歌4705:言葉と心身は同じであって、同じではない

節子

衝撃的な事件が起こりました。
ALS患者の51歳の女性が医師によって「安楽死」させられたのです。
時評編に書きましたが、この事件に関して、同じALS患者の方が、新聞社にこうメールしてきたそうです。

誤解して欲しくないのは、
彼女の意思表明は、生きたいと思ったからこそのものであること、
そして事実生きていたということです。

私も報道に接した時に最初に思ったのはこのことでした。
言葉と心身は同じであって、同じではないのです。

節子も一度だけ、もう終わりにしたいと言ったことがあります。
しっかりしたつながりがある人であれば、その言葉の意味をきちんと受け止められるでしょう。
しかし、闘病の辛さだけを見た人は、言葉でしか受け止められないかもしれません。

「安楽死」という言葉そのものが、誤解を与えますが、
そもそも生きるとか死ぬとかは、そして生きるということそのものが安楽ではないのです。

報道に接して以来、この事件が頭から離れません。
昨夜は4時に目が覚めてしまいました。
今日は寝不足で、つらい1日になりそうです。

 

|

« ■ALS患者の言葉に深く耳を傾けたい | トップページ | ■節子への挽歌4706:かき氷が届きました »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■ALS患者の言葉に深く耳を傾けたい | トップページ | ■節子への挽歌4706:かき氷が届きました »