« ■4690:コロナが人のつながりをどんどん疎遠にしている | トップページ | ■節子への挽歌4692:「去る人は追わず、来る人は拒まず」 »

2020/07/15

■節子への挽歌4691:とんでもなく高血圧

節子

歯医者さんの定期検診で、先週から歯医者さんに通いだしています。
歯医者さんでは、毎回、最初と最後に血圧を測りますが、私はあまりにも高いのです。
前回はあまりにも高く測定不能、ちょっと大きな血圧計に替えてなんとか測定できましたが、今回も繰り返しやってなんとか測定できました。
下が120台、上が230台。あまりの高さにみんな驚きます。
困ったものです。

降圧剤はいまはきちんと飲んでいるのですが、効果が出てきません。
歯医者さんの血圧計とはいつも相性がよくないのですが、自宅で測ってもかなり高いのです。
コロナ騒ぎで、降圧剤も飲みだしているのですが、なかなか改善されません。
そのためか、最近はどうも読書が苦手になってきています。

体調の悪さは、血圧だけではありません。
目の調子もよくありません。
白内障が進んでいるのかもしれません。
どうもすっきりしないのです。

身体の老化現象には抗えません。
慣れていかねばなりません。

 

|

« ■4690:コロナが人のつながりをどんどん疎遠にしている | トップページ | ■節子への挽歌4692:「去る人は追わず、来る人は拒まず」 »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■4690:コロナが人のつながりをどんどん疎遠にしている | トップページ | ■節子への挽歌4692:「去る人は追わず、来る人は拒まず」 »