« ■節子への挽歌4729:脳外科に行きました | トップページ | ■節子への挽歌4731:暑い夏は、私にはやはりつらい夏です »

2020/08/15

■節子への挽歌4730:猛暑

節子

一晩寝て、体調はほぼ回復しました。
まあ薬は飲みだしましたが。

例年、お盆休みは静かに過ごしますが、今年は全くそういう感覚もなく、お盆の土日にサロンを入れてしまいました。
時間感覚がまったくおかしくなっています。
これはしかし私だけではないでしょう。

今日は万葉集のサロンでした。
講師役の升田さんは、節子も知っている私の小学校時代の同級生です。
ということで、一昨日葬儀だった私の友人とも同級生で、10日の見舞いから13日の葬儀とずっと一緒でした。
私以上に遠くから出てきていますが、その間、サロンの準備までしてくれています。
私は夏バテ気味でダウンしましたが、彼女は元気です。
やはり女性は元気です。

今日の暑さは特別でしたが、それでも10人の人がサロンに集まりました。
朝は大丈夫だと思っていたのですが、午後になるといささかまた疲れが出てきてしまいました。
急に気力も体力も落ちてきてしまったような気がします。
困ったものです。

 

今日は敗戦記念日。

その気分も出ないのはどうしてでしょうか。

コロナ騒ぎのせいで、例年とは全く違った敗戦記念日のような気がします。

夜になっても暑さは一向におさまらない。

今日はさすがに暑くて眠れそうもありません。

 

|

« ■節子への挽歌4729:脳外科に行きました | トップページ | ■節子への挽歌4731:暑い夏は、私にはやはりつらい夏です »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4729:脳外科に行きました | トップページ | ■節子への挽歌4731:暑い夏は、私にはやはりつらい夏です »