« ■節子への挽歌4754:バカであっては生きる価値がないが、バカでないと生きられない | トップページ | ■節子への挽歌4755:今さらながらの気づき »

2020/09/08

■湯島サロン「要注目!大きな歴史の分岐点になる米大統領選の読み方」のご案内

今春開催した中嶋一統さんの「陰謀論」を切り口にした現代を読み解くサロンに参加した方から、「その後の情勢」を話してほしいという要請がありましたので、中嶋さんにお願いしてまたサロンを開催します。

この半年で、世界の状況は大きく変わってきていますし、さらにまたこの先、大きく変わりそうです。そこで今回は、「要注目!大きな歴史の分岐点になる米大統領選の読み方」と題して、主にアメリカ大統領選を切り口に中嶋さんに話をしてもらうことにしました。

中嶋さんのサロンでは前から話題になっていたDS(ディープステート)も最近では公開の場で議論されるようになってきました。与えられた情報だけで世界を見ているとおかしなことが起こることは、最近の日本の安倍首相辞任騒ぎで思い知らされた人も多いでしょう。表層的な情報で世界を見ていては、見せられるものしか見えてきません。

今回もまた、頭を柔軟にして、世界を見ていく示唆を得るサロンにしたいと思います。

湯島で「陰謀論」を取り上げることに違和感をお持ちの方もいるようですが、中嶋さんもサロンで繰り返し話しているように、「陰謀論」という言葉を荒唐無稽なものと片づける風潮こそが、「陰謀の罠」とも言えるでしょう。

陰謀という表現には何らかの価値判断("悪い"とか“偽計”)が含まれていますが、そもそも「戦略」もまた明言されていない場合は「陰謀」と言えます。それに、どんな事件にも必ず「陰謀」、つまり隠された「意図」はあります。
ある事件や事象に隠されていることを読み解かない限り、与えられた事実をそのまま受け止め、意図されたように動かされる羽目にもなりかねません。
断片的な事実の奥にある物語を考えることは世界の理解を深めます。

というわけで、「陰謀」という言葉に惑わされずに、世界を見る目を養うという思いで参加していただければと思います。

〇日時:2020年9月27日(日曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「要注目!大きな歴史の分岐点になる米大統領選の読み方」
〇話題提供者:中嶋一統さん(「陰謀論」研究家/話し方教室主宰/ヒット商品企画)
〇会費:500円
〇参加申込先:qzy00757@nifty.com(佐藤)

 

 

|

« ■節子への挽歌4754:バカであっては生きる価値がないが、バカでないと生きられない | トップページ | ■節子への挽歌4755:今さらながらの気づき »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4754:バカであっては生きる価値がないが、バカでないと生きられない | トップページ | ■節子への挽歌4755:今さらながらの気づき »