« ■節子への挽歌4797:人が生きている基盤 | トップページ | ■土曜サロン「最近の政治に思うこと~何かできることはないだろうか」報告 »

2020/10/26

■節子への挽歌4798:しばらく朝焼けの美しさに見とれていました。

昨日より早く目覚めたおかげで、手賀沼のきれいな朝焼けに出合えました。
私のイメージでは、朝焼けはもっと白ぽいのですが、夕焼けのように真っ赤です。
しばらく見とれていました。
あの向こうに、きっと節子はいるのでしょう。

雲が多かったので、陽光が輝きだしたのは、日の出時間の10分以上後でした。
今日もまたちょっと忙しい日になりそうです。

 20201026  Photo_20201026062601

|

« ■節子への挽歌4797:人が生きている基盤 | トップページ | ■土曜サロン「最近の政治に思うこと~何かできることはないだろうか」報告 »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4797:人が生きている基盤 | トップページ | ■土曜サロン「最近の政治に思うこと~何かできることはないだろうか」報告 »