« ■節子への挽歌4783:捨てる悼みと事霊 | トップページ | ■第4回益田サロン「比喩と理解」のご案内 »

2020/10/16

■節子への挽歌4784:季節外れのスイカ

節子

庭の植木鉢に、食べたスイカの種子をすてていました。
後できちんと埋めようと思いながら、すっかり忘れていました。
そこから芽が出ていたのには気づいていましたが、最近は庭に出ないでいたので、忘れていました。

ユカが、そこに実がなっているのに気づきました。
まだ直径6センチくらいの小さな実ですが,とても形がいいのです。
思わず写真に撮ってしまいました。
フェイスブックに載せたら好評でした。

Img_20201015_130404

まあ季節的に実が熟すことはないでしょうが、観賞用にはとてもいいです。
残念ながらスイカはまだ畑でも熟したことがありません。
苗からも種子からも何回か挑戦しましたが、いつも途中で失敗します。
皮肉な話です。

畑はもうやめようかと思っています。
改装が終わったら、2階のベランダで少しサラダ用のレタスなどを栽培してみようと思いますが、畑に行くのはちょっと卒業しようかと思います。

 

|

« ■節子への挽歌4783:捨てる悼みと事霊 | トップページ | ■第4回益田サロン「比喩と理解」のご案内 »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4783:捨てる悼みと事霊 | トップページ | ■第4回益田サロン「比喩と理解」のご案内 »