« ■節子への挽歌4794:総持寺の千手観音 | トップページ | ■節子への挽歌4796:また自治会長役が回ってきそうです »

2020/10/25

■節子への挽歌4795:日の出とともに起きました

節子

久しぶりに日の出を見ました。
起きてパソコンの前に座ったら、窓から日の出が見えてきました。
久しぶりです。

日の出が見える部屋がわが家にはあったのですが、今までそこはあまり使われていませんでした。
これからはここが私の生活の中心になるかもしれません。

お天道様と起き、お天道様と寝る。
しかし時に、彼岸とつながる夜もまた生きるのがいいのですが、最近は夜はほとんど在宅です。
しかもほとんど無為に過ごしています。
夜間外出する機会はほとんどなくなりました。
そろそろ闇の世界との付き合いも増やさなければいけません。
いや自然と増えていくものでしょうか。
この窓から月も見えるでしょう。

部屋を代えるだけで生き方も変わるかもしれません。
1階の仏壇も、この部屋に連れてくる予定です。
節子も毎朝、私以上に日の出のご来光に触れることでしょう。
少し前に進めるかもしれません。

今日は3組の人と会う予定です。
何が始まるか、楽しみです。

|

« ■節子への挽歌4794:総持寺の千手観音 | トップページ | ■節子への挽歌4796:また自治会長役が回ってきそうです »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4794:総持寺の千手観音 | トップページ | ■節子への挽歌4796:また自治会長役が回ってきそうです »