« ■節子への挽歌4774:暮らしぶりを思い出させる食器たち | トップページ | ■信ずる者は報われる »

2020/10/08

■連続サロン「コロナ禍で何が変わったか、コロナ禍をどう活かすか」のご案内

私事なのですが、最近、どうも元気が出ません。
理由はいろいろあるのですが、心当たる一番の理由は「新型コロナ騒ぎ」です。
世間の風潮などは気にせずに、自分の生き方をできるだけ維持しているつもりですが、生活は他者とのかかわりのなかで成り立ちますので、結果的に私の生活も大きく変化してきています。
新しい生活様式などという言葉も使われていますが、私にはどうしても「いい方向」に向かっているようには思えません。人と会う機会は少なくなり、在宅時間が増え、生活がどんどん単調になってしまってきています。それに先がなかなか見えにくくなってきています。

そういう状況は私だけではないと思いますが、社会全体も、企業業績が悪化し失業者が増えたり、自殺者がでたり、いがみ合いによる事件が増えたりと、いささか健全さを失ってきているように思います。

しかし、その一方で、見えにくかった社会の実相を可視化してもくれています。これまであまり考えずに受け入れてきていた「常識」を問い質す機会になったり、変えられなかった仕組みや生活様式が変わってしまったりもしています。

仕事の進め方や学校や大学での学び方、あるいはイベントや冠婚葬祭のあり方、消費行動や人との付き合い方の変化、そうしたことが、政治や経済にも大きな影響を与えていくことは間違いないでしょう。
今回の「コロナ禍」を、受け身で防衛的に対処するのではなく、むしろそれによって起こった変化をどう活かしていくかを考えることが大切です。

そこで、2回にわたり、まずは「コロナ禍で何が変わったか」を中心に話し合い、2回目は「コロナ禍をどう活かすか」を中心にして、それぞれ自らの生き方を考えるようなサロンを企画しました。
できるだけ多くの人が参加できるように2回の開催にしました。しかし、連続参加は難しい人も多いと思いますので、いずれの回も、「コロナ禍で何が変わったか、コロナ禍をどう活かすか」をテーマにしますが、どちらかと言えば、1回目は前者に、2回目は後者に重点を置いていきたいと思います。

参加者それぞれが、自らの生き方を前向きに考えるような時間が持てるサロンになればと思っています。
私もこのサロンで、元気を回復したいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

〇日時:2020年10月10日(土曜日)午後2時~4時
    2020年10月11日(日曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「コロナ禍で何が変わったか、コロナ禍をどう活かすか」
〇会費:500円
〇参加申込先:qzy00757@nifty.com(佐藤)

 

|

« ■節子への挽歌4774:暮らしぶりを思い出させる食器たち | トップページ | ■信ずる者は報われる »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4774:暮らしぶりを思い出させる食器たち | トップページ | ■信ずる者は報われる »