« ■節子への挽歌4808:父親孝行のSさんがうらやましい | トップページ | ■第11回万葉集サロン「再びの人麿」のご案内(2020年11月19日) »

2020/11/18

■節子への挽歌4809:座卓での娘との食事生活

節子

2階での生活が始まりましたが、まだ荷物があふれている状況のうえに、新しい食卓もないため、リビングの座卓で食事をしています。
娘と並んで、座っての食事なのですが、なんだかちょっと不思議な気分です。

そう言えば、節子の闘病生活の最後のころもこんな感じだったかもしれません。
和室が節子が最期を過ごした部屋ですが、節子のベッドの隣の小さな空間に小さな座卓を運び込んで、いつも娘たちと4人で食事をしていました。
次女が明るい性格だったので、みんなを元気づけるように、時々、笑いをもたらしてくれましたが、いまから思えば、それぞれに寂しさや哀しさを抱えての食事だったのです。
節子も、みんなのために頑張って食事をしてくれましたが、あれがよかったのかどうかはわかりません。

いずれにしろ、節子がいなくなってから、みんなの生き方も変わってしまいました。
一番変わったのは私で、数年は生きていたのさえ覚えていません。
娘たちにも迷惑をかけたのでしょう。

自分の生き方を取り戻したのは3,4年前でした。
いや、いまだにまだ、取り戻していないのかもしれません。
生きている実感が、いまだにあまり持てませんから。

今日からまた少し書籍の整理を始めようと思います。

 

|

« ■節子への挽歌4808:父親孝行のSさんがうらやましい | トップページ | ■第11回万葉集サロン「再びの人麿」のご案内(2020年11月19日) »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4808:父親孝行のSさんがうらやましい | トップページ | ■第11回万葉集サロン「再びの人麿」のご案内(2020年11月19日) »