« ■節子への挽歌4805:家のリフォームは生き方のリフォーム | トップページ | ■節子への挽歌4803:「私が消えてからならば構いません」 »

2020/11/17

■節子への挽歌4806:自宅内転居

節子

いよいよ2階での生活が始まりました。
まだ倉庫状況であることはかわりませんが。
冷蔵庫を2階に上げて、生活用品も移動です。

問題はネット配線ですが、どこに依頼していいかよくわかりません。
NTTでは電話対応しかできないようで、これはNIFTYに頼むことになりそうです。

まあそういう細かなことが毎日いろいろと出てきます。
次女家族も少しずつ荷物を運びこみだしました。
1階に在った節子の遺品はどうも2階に追いやられそうです。
まあ娘たちと節子の趣味はかなり違いますから。

家の中での転居もそれなりに大変です。
今日は何回1・2階を上下したでしょうか。
すっかりくたびれてしまいました。
そのうえ、今日はちょっとした「事件」があり、ずっと自宅でしたが、くたくたです。

私の転居もありますが、節子の位牌壇も転居続きです。
狭い部屋の中をまだ定位置が決まらずに移動しつづけています。
最近は朝の挨拶も時々忘れてしまうこともありますが、まあお互いに落ち着くまで大目に見てください。

それにしても今日は疲れました。

|

« ■節子への挽歌4805:家のリフォームは生き方のリフォーム | トップページ | ■節子への挽歌4803:「私が消えてからならば構いません」 »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4805:家のリフォームは生き方のリフォーム | トップページ | ■節子への挽歌4803:「私が消えてからならば構いません」 »