« ■節子への挽歌4803:「私が消えてからならば構いません」 | トップページ | ■節子への挽歌4809:座卓での娘との食事生活 »

2020/11/18

■節子への挽歌4808:父親孝行のSさんがうらやましい

節子

また訃報のはがきが届く季節になりました。
この時期は苦手です。

誤解されそうな言い方ですが、高齢者ご本人の死には悲しさは感じないのですが(私も同じ立場なので)、遺された方からの訃報はいつも心に引っ掛かります。
ご本人は悲しくないでしょうが(私の場合からそう考えています)、遺された人は間違いなく悲しく、また少なからず人生は変わるだろうと思っているからです。

最近お会いしていない岐阜のSさんからの訃報のはがきで、99歳のお父上が亡くなられたことを知りました。
近くにお住まいで、毎朝、おふたりでカフェに「モーニング」を食べに行くお話を何回か聞いていました。
その時のSさんの話ぶりが、いつもとてもうらやましかったのを思い出します。
私は父とそういう経験をしたことがなかったからです。

私と違って父はお酒が好きでしたが、父と同居しながらも、お酒嫌いな私は、父と2人でお酒を飲んだこともありません。
見送った後、悔やんだものの、どうしようもありません。
その意味で、Sさんがうらやましかったのです。

Sさんに電話しました。
3日間、電話していますが、つながりません。
お父上がなくなったのは9月ですので、もう四十九日も終わっているはずです。
ちょっと気になっていますが、何事もなければいいのですが。

ちなみに、昨日書いた本の著者とSさんは、直接ではありませんが、つながっています。
それも幾重にも。
人のつながりは不思議です。

|

« ■節子への挽歌4803:「私が消えてからならば構いません」 | トップページ | ■節子への挽歌4809:座卓での娘との食事生活 »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4803:「私が消えてからならば構いません」 | トップページ | ■節子への挽歌4809:座卓での娘との食事生活 »