« ■今年最後のオープンカフェサロン報告 | トップページ | ■節子への挽歌4864:今年最後のお墓参り »

2020/12/30

■節子への挽歌4863:緊張感のない年末

節子

昨日で一応、今年の予定はすべて終了しました。
と言っても、相変わらずの倉庫状況ですが、まあこのまま年を越すことにしました。
収納棚がまだ届いていないので、片付けようがないのです。

年明けもたぶん誰も来ないでしょうから、まあ良しとしましょう。
節子の位牌のある仏壇も、まだ仮置きですし。

でもこう散らかっている状況で暮らしていると、まあこれもまたいいものだと感じます。
外部での段ボール生活も、もしかしたら同じようなことかもしれません。
まあ冬は寒いので私には向いてはいませんが。

最近、ホームページを放りっぱなしなのも気になっています。
せめて新しい年あけまでには更新しておきたいと思いますが、あまりため込んでしまうとこれまた元気が出てきません。
新しいデザインに一新すれば書く気も戻ってくるのですが。

挽歌もどうも書く気が出てきません。
やはり生活が単調になってきているからでしょう。
同じ我孫子にいる兄から電話があり、今年はコロナも心配なので、娘たち家族も帰省しないし、兄弟の正月の往来はやめようと言ってきました。
我孫子もコロナ感染が広がっています。

明日は大みそかです。

 

|

« ■今年最後のオープンカフェサロン報告 | トップページ | ■節子への挽歌4864:今年最後のお墓参り »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■今年最後のオープンカフェサロン報告 | トップページ | ■節子への挽歌4864:今年最後のお墓参り »