« ■湯島サロン「5年生存率25%のがん体験から気づいたこと」のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌4933:他者を心配するのは自分のため »

2021/02/24

■節子への挽歌4932:ご無沙汰のホームページ

節子

2001年以来、毎週更新してきたホームページを昨年末から更新せずにいます。
というのは、デスクトップの通信環境が整っていないからです。
リフォームに伴う場所の移動で、私の基本パソコンを寝室に持って行ったのですが、あいにく寝室にはネット配信がされていないのです。

このデスクパソコンはもう5年以上前のもので、優先で使用していますので、Wi-Fiが使えません。それで受信モバイルをかったのですが、パソコンの場所を変えている途中で壊してしまったのです。
それ買い換えたのですが、今度はうまく接続できなかったので、放置していたのです。
送られてきた商品をきちんと見ないでともかく試してしまうのが私の性格なのですが、同封されていたCDを見落としていたのです。うまくつながらないはずです。

先週、CDに気づき試しましたがやはりだめ。しばらく放っておこうと思ったのですが、今日、なんとなく再挑戦する気になってやってみたら、うまく接続しました。
これでどうにかデスクトップパソコンに戻れそうです。
しかし今は寝室は寒いので、もうしばらくはリビングでのノートパソコンが中心になりそうです。

でもまあ少しずつホームページの更新を手掛けていこうと思います。
ホームページ用のソフトはデスクトップにしか入っていないので、ノートパソコンでは作業できなかったのです。
しかししばらくストップしていたので、更新作業も大変です。

何事もためてしまうと大変です。

 

|

« ■湯島サロン「5年生存率25%のがん体験から気づいたこと」のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌4933:他者を心配するのは自分のため »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■湯島サロン「5年生存率25%のがん体験から気づいたこと」のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌4933:他者を心配するのは自分のため »