« ■節子への挽歌4945:久しぶりに花売り場 | トップページ | ■節子への挽歌4947:粘菌学者の前田さん »

2021/03/17

■節子への挽歌4946:300人との別れ

節子

また身の周りの整理を再開しました。
今日は最初にとりかかったのが名刺の整理でした。
一度試みて途中で挫折していたことです。

節子が闘病生活に入る前には、私はたくさんの人たちと会う生活に身を置いていました。
毎年1000枚前後の名刺を使っていましたから、出会った人数もかなりです。
ですから名刺の数もかなり残っています。

ときおり整理はしていましたが、名刺には人がついているのでなかなか捨てられません。
今日は缶に反っていた名刺を300枚ほど処分しました。
一括して処分すれば簡単ですが、さすがにそれはできません。
1枚ずつ名前を見ては思い出しながら処分しました。
ただ残念ながら顔を思い出せるのは1~2割だけでした。

全く忘れていた方もあります。
こんな人に合っていたのだとか、こんな組織と付き合いがあったのだとか、驚くようなこともありました。

今日整理した缶に入っていた名刺は、2000年ごろのものが多かったのですが、そのころは企業とも行政ともNPOとも、ともかくいろんなところとの付き合いがありました。
地域で言っても沖縄から北海道まで全国でした。
その頃はもしかしたら、節子よりも仕事に心を入れ込んでいたかもしれません。

1枚の名刺から思い出されることも少なくありません。
300枚ほどの名刺を処分するのに1時間以上かかってしまいました。
おわったあと、なにやら300人の人と別れたような気分でした。

ちなみにどうしても廃棄できずに残してしまった名刺が10枚ほどあります。
みんな今は付き合いのない人です。
その後、どうされているか気になって、連絡を取ってみようかどうか迷っています。

とても疲れました。

 

|

« ■節子への挽歌4945:久しぶりに花売り場 | トップページ | ■節子への挽歌4947:粘菌学者の前田さん »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4945:久しぶりに花売り場 | トップページ | ■節子への挽歌4947:粘菌学者の前田さん »