« ■湯島サロン「GDPにはどんな意味があるのか?」報告 | トップページ | ■節子への挽歌4946:300人との別れ »

2021/03/16

■節子への挽歌4945:久しぶりに花売り場

節子

温度が上昇し、温かな1日になりました。
久しぶりにジョイフル本田に花を買いに行きました。

節子が元気だったころは、春になるといつもいろいろなところに行って花木を仕入れていました。
そうして茂っていた庭の花も、節子がいなうなってからは手入れ不足でほとんど枯らしてしまいました。
しかし次女が同居することになったので、彼女がまた庭を復活させてくれるでしょう。

今回は2階で同居している長女が、部屋の花を買いに行くというので私も付き合ったのですが、いろんな花を見ていたら、2階のベランダでのプランター菜園だけではなく、私も花を植えたくなりました。

今日はとりあえずミニバラを買ってきましたが、また枯らしてしまうのが心配です。
ベランダ菜園もそう簡単ではなさそうです。

 

|

« ■湯島サロン「GDPにはどんな意味があるのか?」報告 | トップページ | ■節子への挽歌4946:300人との別れ »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■湯島サロン「GDPにはどんな意味があるのか?」報告 | トップページ | ■節子への挽歌4946:300人との別れ »