« 湯島サロン「ADR法の現在〜忍び寄る茶色の世界〜」のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌4977:今度はスキャナー? »

2021/04/13

■節子への挽歌4976:自治会の役員会の準備に1日かかりました

節子

今日は一日、自治会の資料作りに取り組んでいました。
引き受けた以上はきちんとやらないといけません。
しかし毎年会長が変わるというのであれば、もう少し簡単に引継ぎシステムをつくらないといけません。

たとえば自治会の銀行口座があるのですが、毎年、名義変更しているようです。
これなども名義変更が不要になる仕組みはないのかと思います。
今度相談に行ってみようと思います。

実際には不要な役割もあるような気がします。
自治会の中にきちんとした人のつながりがあれば、いざという時には柔軟な対応ができるような気もしますが、実際にはそうではなくて、あらかじめ担当を決めておかないといけないようになっています。そのために逆に人のつながりが不要になっていくような気がして、そこに大きな問題を感じたりしています。

まあそんなことを考えていたら、自治会の活動はますますしにくくなるかもしれません。

節子がいたら、きっともっと楽しい展開ができただろうと思います。
それが残念でなりません。
節子は私よりもこうした活動は楽しむはずなのですが。
私はもうちょっと疲れてしまいました。

 

|

« 湯島サロン「ADR法の現在〜忍び寄る茶色の世界〜」のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌4977:今度はスキャナー? »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 湯島サロン「ADR法の現在〜忍び寄る茶色の世界〜」のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌4977:今度はスキャナー? »