« ■節子への挽歌4978:筍の季節 | トップページ | ■自治会の役員会でした »

2021/04/16

■節子への挽歌4979:自治会の資料づくりに追われています

節子

今日もまた自治会の資料づくりで1日過ごしてしまいました。
資料づくりは昨日でほぼ終わり、副会長の大西さんに内容を確認してもらったのですが、さてそれをプリントアウトしようと思ったら、プリンターの調子が悪いのです。
なにしろ700枚くらいプリントしなければいけません。

まさかそんな分量になるとは思っていなかったのですが、最初は調子がよかったのですが、いささか過重負担だったのか、紙詰まりがはじまり、作業が進まなくなってしまいました。
そのうえ、トナーが不足していて、気がついたらまだらになっていて、やり直し。

用紙は予想以上に増えたので、ユカに買いに行ってきてもらったのですが、プリンターはますます不調。
いささかいらだってきてしまい、あと200枚というところで諦めてしまいました。
後は明日湯島でプリントしてこようと思いますが、いささかがんばりすぎてしまいました。
困ったものです。

最近、プリンターやスキャナーを使いすぎているためか、いずれも不調です。
それ以上に、私の気分も不調です。
なんでこんなに厚い資料になってしまったのか。
私が付け足したのはほんの数枚だけなのですが、前の関係のものは捨てがたいので、こうやって毎年、厚さが増していくのでしょう。

なにかを変えるということは難しいものです。
それにしても自治会の規則も細かに決められていますが、基本的にはほとんど読む人はいないでしょう。
これを変えるにはどうしたらいいか。
これがこの1年の課題です。

 

|

« ■節子への挽歌4978:筍の季節 | トップページ | ■自治会の役員会でした »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4978:筍の季節 | トップページ | ■自治会の役員会でした »