« ■節子への挽歌4979:自治会の資料づくりに追われています | トップページ | ■湯島サロン「自分にとっての生きる意味」のご案内 »

2021/04/18

■自治会の役員会でした

自治会の役員会を開催しました。

コロナのリバウンドが懸念される中での役員会だったのですが、役員はほぼ全員が集まってくださいました。
必要な報告の後、話し合いを行い、いろいろと問題が出されました。

こういう時期でもあり(そうでなくてもですが)、最近は近隣といえどもなかなか集まって話し合う機会はありません。
ある地区では、ごみ収集の問題が出されました。そこで役員会終了後、関連する組の組長さん6人に残ってもらい話し合いをしました。
会長から注意文書を配る提案もありましたが、それは自治会全体ではなく、みなさんの問題でしょうということで、自分たちの解決をお願いすることにしたため、少しだけ難航しました。この地区には、もう一つ問題が提起されたのですが、そうしたことの話し合いの中で、受け止め方や考え方がそれぞれに違うことを改めて知りました。
こうした多様な意見を話し合うことで、人のつながりは育っていくのだなと、宮本常一の「対馬から」のエピソードを思い出しました。

また別の人からは、自治会地域内ではないが、近くの道に陥没場所があると指摘されました。これもうれしい話でした。自分の地域だけではなく、他の地域にまで関心を持つことに自治会活動の大きな意味があると思うからです。

他にも気づかされることが多々ありました。
また少し私の世界も広がりました。
宿題ももらってしまいましたが。

 

|

« ■節子への挽歌4979:自治会の資料づくりに追われています | トップページ | ■湯島サロン「自分にとっての生きる意味」のご案内 »

社会時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4979:自治会の資料づくりに追われています | トップページ | ■湯島サロン「自分にとっての生きる意味」のご案内 »