« ■節子への挽歌5000:挽歌も5000回に達してしまいました | トップページ | ■節子への挽歌5002:母の日の墓参り »

2021/05/10

■節子への挽歌5001:最近の怠惰ぶり

節子

最近の怠惰ぶりを少し書いておきましょう。
この3日間、2つのことで挽歌をさぼってしまいました。
「トレッドストーン」と「三国志」です。
困ったものです。

「トレッドストーン」は、映画「ボーン・アイデンティティ」のスピンオフドラマです。
1時間ドラマの10話を3日で全部見てしまいました。
映画とのつながりをもう少し期待していましたが、実際には別の流れの作品でした。
あんまりおもしろいとは思いませんが、10話でもまだ終わっていないようです。
1話見ただけで私の好みとは違うなと思ってしまったのですが、止められずに毎日3話ずつ見てしまい、結局、10話見てしまいました。
昼間は見られないので、在宅時間しか見られないので、挽歌よりも優先されてしまったのです。

もう一つは、漫画「三国志」です。
いまさらなぜ「三国志」なのですが、中国・韓国・台湾の共同制作というのに興味を以ってテレビドラマ(これは50話です)を見てしまったのです。
そこにはこれまでの三国志とは全く違った物語があり、ついつい毎回見てしまうのですが、見ているうちに、従来の三国志も読み直したくなってしまったのです。
しかし最近は小説を読む気力がないので、横山光輝の有名な漫画を読むことにしました。
それが図書館にあることが分かったのです。
漫画といってもそう簡単に読めるわけではなく、1巻に1時間近くかかってしまうのです。
結局、この4日間で、9巻まで読みました。

とまあそんなわけで、この3日間は、漫画とテレビで時間がとられ、挽歌が書けなかったのです。
困ったものです。
でもまあ節子なら、修ならよくあることだと笑うだけでしょう。

もっともこれだけで過ごしていたわけではありません。
一編の雑誌記事を探すための資料探しもやりましたし(まだ見つかりません)、自治会の仕事もしました。湯島でサロンもやりましたし、友人と激論もしました。
でもまあ「怠惰な3日間」だったことは否定できません。

なくてもいいような時間を過ごしている毎日のような気がしてなりません。
コロナ禍が私も襲ってきているのかもしれません。

 

|

« ■節子への挽歌5000:挽歌も5000回に達してしまいました | トップページ | ■節子への挽歌5002:母の日の墓参り »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5000:挽歌も5000回に達してしまいました | トップページ | ■節子への挽歌5002:母の日の墓参り »