« ■平将門ゆかりの場所のウォーキングツアーのテスト版報告 | トップページ | ■節子への挽歌5006:「はいはい、わかりました」 »

2021/05/13

■節子への挽歌5005:また胃痛で眠れませんでした

節子

昨日はあったかないい天気だったのに、今日は温度も低い雨天です。
寒暖の差が大きいとどうも調子が出ません。

昨日は我孫子の仲間たちと将門伝説ゆかりの地を歩いてまわりました。
時評編に簡単に書いたとおり、平将門の居城が我孫子の湖北地区にあったという新説を唱えている戸田さんにあったから、それをみんなに知ってもらいたいという戸田さんに思いに役に立てないかというのが、そのきっかけです。
こういう性分は。なかなか変わりません。
余計なお世話の困った話なのですが。

今日は10人の参加者がありましたが、中には初対面の人も2人いました。
その2人は、むしろ郷土史に詳しい人です。
そのおひとりから、終わった後、メールをいただきました。
あまり話もしませんでしたが、なにか親近感を持ってくれたようで、うれしい内容でした。

私には、悪い性向があって、権威や専門家に対してはどちらかというと無意識に拒否反応が出てしまうのですが、昨日、参加されたおふたりはいずれも温厚で、知識を押し付けるタイプではなかったのです。
そういう人に出会うと、私自身の愚かさを思い知らされます。
反権威指向はまた権威指向の表れかもしれません。

4時間のウォーキングの後、希望者で沼南の道の館で昼食をご一緒しました。
野菜レストランを予定していたのですが、休業だったのです。
五目焼きそばを頼んだのですが、量が多くてやっと食べました。
それが悪かったようで、夜中からまた胃が痛くなりました。

夜中に起きて胃薬を飲んだのですが、最近の生活の乱れが出てきているのかもしれません。
いや、体力の衰えでしょうか。

どうも生活のリズムがまた狂いだしていて、戻りません。
節子がいたらなあ、と思います。

 

|

« ■平将門ゆかりの場所のウォーキングツアーのテスト版報告 | トップページ | ■節子への挽歌5006:「はいはい、わかりました」 »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■平将門ゆかりの場所のウォーキングツアーのテスト版報告 | トップページ | ■節子への挽歌5006:「はいはい、わかりました」 »