« ■節子への挽歌4991:突然の旧知の人からの電話へのいやみ | トップページ | ■節子への挽歌4993:ちょっとよくなりました »

2021/05/02

■節子への挽歌4992:ぎっくり腰?

節子

昨日、夕方、立ち上がろうとしたら腰に痛みを感じました。
それもあまり体験したことのない、痛みです。
うわさに聞いていたぎっくり腰でしょうか。

注意しないといけないと思い、すぐに湿布を張りましたが、痛みは定着しました。
注意しないと大変です。

重い荷物を持ち上げたりした記憶はないのですが、この数日、椅子に座り続ける姿勢が続いたためでしょうか。
いつも娘から注意されていますが、私の椅子の座り方は、いわゆる「ふんぞりがえり」スタイルが多くて、とても悪いのです。
そのため私のお気に入りのソファーも背中がボロボロになっていますし、椅子もボロボロなのです。
湯島でも座り方が悪くて、節子からも注意されていましたが、いまだに直っていないのです。

そんな座り方だと、腰のあたりに無理な力が働きます。
それがたまって腰を痛めたのでしょう。
困ったものです。

この連休中に土仕事とかいろいろとやりたいことがあったのですが、この調子だとやれそうもありません。
明日のサロンは行けるでしょうが、しばらくは注意しないといけません。

今日の外出予定もすべてやめ、様子を見ることにしました。
だからといって、座っていてはさらに悪化しかねない。
どうしたらいいか迷うところです。

 

|

« ■節子への挽歌4991:突然の旧知の人からの電話へのいやみ | トップページ | ■節子への挽歌4993:ちょっとよくなりました »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4991:突然の旧知の人からの電話へのいやみ | トップページ | ■節子への挽歌4993:ちょっとよくなりました »