« ■三国志の秘密 | トップページ | ■節子への挽歌5000:挽歌も5000回に達してしまいました »

2021/05/10

■湯島サロン「聖母神社と天上聖母」のご案内

日本の神道における「聖母信仰」について、昨年、日本の聖母研究者である本間浩さんからお話をお聞きしましたが、その報告でも書いたように、本間さんは、「今回はプロローグだ」と言って、さまざまな話題を紹介し、問いかけもしてくれました。
いよいよ本論がはじまります。

今回は、主に神功皇后を祭神として祀る北九州地方の「聖母神社」と、東シナ海周辺地域において「天上聖母」として知られる媽祖(まそ)に対する信仰の実態から、日本のみならず東シナ海周辺地域において広くまたがる聖母信仰についてのお話です。
時間があれば、16世紀の日本でみられたキリシタン信仰の中での「聖母」への信心にも言及し、日本の聖母に対する観念を考えていきたいと本間さんは言っています。
ますます話は壮大になってきました。

私にとっては、また初めて知る言葉「天上聖母」に出会えるだけでも、神道を考える視野が大きく変わりそうでわくわくします。
新型コロナもまだ収まっていないかもしれませんが、さまざまな「聖母」がサロンを守ってくれると祈りながらの2回目の本間神道サロンです。

新型コロナには十分ご注意の上、ご参加ください。
参加者は事前にご連絡ください。

〇日時:2021年5月29日(土曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「聖母神社と天上聖母」
〇話題提供者:本間浩さん(神道学博士/日本の聖母研究者)
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com)

|

« ■三国志の秘密 | トップページ | ■節子への挽歌5000:挽歌も5000回に達してしまいました »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■三国志の秘密 | トップページ | ■節子への挽歌5000:挽歌も5000回に達してしまいました »