« ■見えないうちにどんどん社会に組み込まれていく不安 | トップページ | ■節子への挽歌5020:昨夜は夢ばかり見ていました »

2021/05/22

■湯島サロン「トランスヒューマニズム-意識とはなにか」のご案内

山森さんの第5回サロンは、前回の話を踏まえて、「意識」をテーマにします。

前回のサロンでは、トランスヒューマン(超人間)を目指した先端技術の動向を紹介してくれましたが、そうしたことがもたらす課題を深く考察するには、「人間とは何なのか」「我々の道徳性や理性、差別の気持ち(感情)や欲望などはどこから生まれるのか」、そして「意識とはなにか」を考えていく必要があると山森さんは考えています。
今回は、その分野での最近の状況を消化していただいたうえで、前回、あまり議論できなかった「トランスヒューマニズム」をどう受けとめるかも含めて、話し合いたいと思います。

新型コロナで目先の対応に追われがちな毎日ですが、だからこそ、私たちは、いったいどこに向かっているのか、技術や産業の世界で何が動いているのか、をしっかりと考えてみたいと思います。
私たちの生活に深くつながっていく問題ですので、生活を大事にされているみなさんの参加をお待ちします。

なおできるだけ話し合いの時間をとりたいので、参加者には前回の資料(間に合えば今回の資料も)をデータでお届けしたいと思いますので、参加者は必ず事前にご連絡ください。資料に併せて、山森さんからのメッセージもお送りいたします。

〇日時:2021年6月20日(日曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「トランスヒューマニズム-意識とはなにか」
〇話題提供者:山森俊治さん(遺伝子と詩吟を愛する理学博士)
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com

 

 

|

« ■見えないうちにどんどん社会に組み込まれていく不安 | トップページ | ■節子への挽歌5020:昨夜は夢ばかり見ていました »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■見えないうちにどんどん社会に組み込まれていく不安 | トップページ | ■節子への挽歌5020:昨夜は夢ばかり見ていました »