« ■湯島サロン「農福連携とソーシャルキャピタル」のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌5065:「ヨーロッパ思想史」を通読しました(2021年7月1日) »

2021/07/01

■第9回益田サロン「〈夢想と現実〉から生物と環境を考える」のご案内

益田昭吾さんのサロンは、前回は「メビウスの帯」遊びから、生物と環境について話し合いましたが、今回は「夢想と現実」を切り口に、生物と環境の問題をさらに掘り下げていくことになりました。

益田さんが言うには、夢想は現実によって実在のものになる。生物も環境によって現実の生物になる。さらに言葉(名称)も対応する実体によって現実のものになる。実体があってこその名称だとしても,名称のほうが先なのかもしれない。

またちょっと消化するのが難しそうですが、気楽に話し合いながら、益田さんと一緒に、いつもとは違った視点で、「生物と環境」、さらには「自分とは何か」を考える時間にできればと思います。

益田さんの話は、時に禅問答のようなところもありますが、そこからいろんな気づきを引き出せる魅力があります。
自分とは何かに悩んでいる人は、ぜひ気楽に参加してください。
その気になれば、きっとヒントが見つかるはずです。

〇日時:2021年7月24日(土曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「〈夢想と現実〉から生物と環境を考える」
〇話題提供者:益田昭吾さん(細菌学者/慈恵医大名誉教授)
〇会費:500円
〇参加申込先:qzy00757@nifty.com(佐藤)

 

|

« ■湯島サロン「農福連携とソーシャルキャピタル」のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌5065:「ヨーロッパ思想史」を通読しました(2021年7月1日) »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■湯島サロン「農福連携とソーシャルキャピタル」のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌5065:「ヨーロッパ思想史」を通読しました(2021年7月1日) »