« ■節子への挽歌5091:思い出のあるメロンとただのメロン | トップページ | ■節子への挽歌5093:15年ぶりの早朝の手賀沼公園 »

2021/07/23

■節子への挽歌5092:オリンピックがはじまりましたが

節子

今朝も早朝に水をもって畑に行き、スイカの苗に水をやってきました。
元気ですが、発育は遅いです。
いつもより早かったせいか、走ったり散歩したりしている人に出合いましたが、なんとなく挨拶がしにくい雰囲気があります。
私はマスクもしていませんでしたし。

しかし7時近くになったら湿度が高まり汗が出てきました。
何しろ朝食を食べる部屋は東側に窓があり、そこからもろに陽光が入ってくるのです。
私はカーテンは嫌いなので、仕方ありません。
朝からエアコンもいれたくないので、いまはまだエアコンなしの蒸し風呂状態です。

まあ、この部屋から抜け出したらいいだけの話ですが、最近、この場所がとても居心地がよくて、ほぼ在宅時間のすべてをここで過ごしています。
困ったものですが。
暑い時こそ、身体を動かさないといけないとはわかっているのですが。

オリンピックがはじまりました。
テレビもオリンピック関連ばかりなので観る番組もありません。
今日も早寝することにします。

|

« ■節子への挽歌5091:思い出のあるメロンとただのメロン | トップページ | ■節子への挽歌5093:15年ぶりの早朝の手賀沼公園 »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5091:思い出のあるメロンとただのメロン | トップページ | ■節子への挽歌5093:15年ぶりの早朝の手賀沼公園 »