« ■節子への挽歌5079:また夢で虚しくなりました | トップページ | ■節子への挽歌5080:久しぶりにいい汗をかきました »

2021/07/13

■アメリカのホームラン・ダービーで敗退した大谷さんの笑顔

アメリカのホームラン・ダービーの実況を見てしまいました。
トーナメントの1回戦は、大谷選手とソト選手。

接戦のあげく、大谷選手は敗退しました。
しかし終わった後のインタビューで大谷さんは「楽しかった」ととてもいい笑顔で応えていました。
実況を見ているかぎり、大谷さんは心底楽しんでいたようです。

負けた後も、大谷さんの行動はとても楽しそうでした。
こういう風景を私はオリンピックでは見たことがありません。
この雰囲気はまさに私がイメージするスポーツです。

日本のスポーツ選手はどうしてみんなあんなに暗いのか、いつも気になっていますが、大谷さんの明るさは大きな救いです。
元気が出ます。

 

|

« ■節子への挽歌5079:また夢で虚しくなりました | トップページ | ■節子への挽歌5080:久しぶりにいい汗をかきました »

社会時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5079:また夢で虚しくなりました | トップページ | ■節子への挽歌5080:久しぶりにいい汗をかきました »