« ■節子への挽歌5092:オリンピックがはじまりましたが | トップページ | ■一昨日の益田サロンの報告がなかなか書けません »

2021/07/24

■節子への挽歌5093:15年ぶりの早朝の手賀沼公園

節子

5時に起きて、手賀沼公園に行ってきました。
目的は手賀沼のエビを捕まえるためです。
昨日、にこから借りていた網を持って出かけました。

まだ暑くもなく、とてもさわやかでした。
手賀沼に着いた途端に思い出したのが、節子と毎朝通っていたころのことです。
闘病中の節子の運動のために、毎朝2人で手賀沼公園に通い、そこからしばらく湖畔を見ていたのです。
あの頃の自分を思い出すと、いったい何をしていたのだろうかと後悔ばかりです。
治るという確信を持ちすぎていたために、大事な残された時間をきちんと使わなかった気がするのです。

あの頃の様子と手賀沼湖畔はほとんど変わっていません。
変わったのは節子がいないことだけ。
節子がいなくなってから、一時期、手賀沼公園には行けなくなりました。
いまはもう行けるのですが、早朝の手賀沼は久しぶりです。
一挙にいろいろなことがあふれ出てきました。

Img_20210724_053153 Img_20210724_052349

|

« ■節子への挽歌5092:オリンピックがはじまりましたが | トップページ | ■一昨日の益田サロンの報告がなかなか書けません »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5092:オリンピックがはじまりましたが | トップページ | ■一昨日の益田サロンの報告がなかなか書けません »