« ■黒い雨はどこまで降ったか | トップページ | ■節子への挽歌5095:新型コロナ狂騒曲はまだ続いています »

2021/07/26

■『虚構の「核のごみ」最終処分』

湯島サロンの仲間の本間照光さんが、週刊エコノミスト Onlineで今日から『虚構の「核のごみ」最終処分』と題した連載を始めました。
今日から4回連載で、第1回目は『名ばかりの「対話の場」 合意“無視”で最終処分場が決まる「原発の穴」』。

この連載は、公開されていますので、どなたでも自由に閲覧できます。
https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20210726/se1/00m/020/005000d

本間さんからぜひ多くのみなさんに読んでいただきたいということで、ご案内させてもらいます。
感想などあれば、本間さんにメールしていただけるとうれしいです。
私にいただいたら、私から本間さんにお届けします。

今日は広島の「黒い雨裁判」の上告が断念されましたが、原爆や原発に関しては、まだまだ不条理なことがいろいろと続いています。
ぜひ私も関心を持ち続けていきたいと思っています。

 

|

« ■黒い雨はどこまで降ったか | トップページ | ■節子への挽歌5095:新型コロナ狂騒曲はまだ続いています »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■黒い雨はどこまで降ったか | トップページ | ■節子への挽歌5095:新型コロナ狂騒曲はまだ続いています »