« ■節子への挽歌5090:30分のにこタイム | トップページ | ■節子への挽歌5091:思い出のあるメロンとただのメロン »

2021/07/22

■オリンピックの本性が露呈されてきています

オリンピック開会式前日になってまた開会式ショーディレクターが解任になりました。
こんどはユダヤ人大量惨殺ごっこが問題になっています。
オリンピック開会直前になって、こう関係者の辞任・解任がつづくのか。
私の娘は、なぜもっときちんと事前調査をして、「そういう人」を避けられなかったのかなと言います。

しかしそうでしょうか。
私の考えは全く逆です。
つまり、「そういう人たち」が東京オリンピックに寄り集まっているということです。
彼らは「東京オリンピック村」にふさわしい人たちなのです。
そう考えれば、いろんなことが理解できます。

しかも私には、辞任・解任された人たちは「小者」にしか思えません。
そんな些末な話に惑わされないようにしたいです。

余計なことを言えば、最近の日本の笑い芸人の本性に私は生理的な違和感があります。
人気が出てくると態度を替えますが、本性は変わりません。
もちろんなかには、きちんとした笑い芸人もいますが、私には不快な芸や芸のない芸があまりに多いような気がします。そういう人ほど、人気があるのも不思議ですが.

また言わずもがなのことを言ってしまいました。
困ったものです。

|

« ■節子への挽歌5090:30分のにこタイム | トップページ | ■節子への挽歌5091:思い出のあるメロンとただのメロン »

社会時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5090:30分のにこタイム | トップページ | ■節子への挽歌5091:思い出のあるメロンとただのメロン »