« ■節子への挽歌5094:不快な気分に陥っています | トップページ | ■黒い雨はどこまで降ったか »

2021/07/26

■湯島サロン「世界に広がる〝陰謀論”から見えてくること」のご案内

半年ぶりの「陰謀論」サロンです。
最近は「陰謀論」があまりに広がった上に、本当の「陰謀」までもが露呈されだしてきてしまったために、話がますますややこしくなってきました。

一般的には、「陰謀論」は「陰謀」を隠すための「陰謀」であり、同時に「陰謀」に気づかせるための「陰謀」と捉えられますが、いまでは「陰謀」そのものが話題になりがちですし、「陰謀論」そのものが現実を構成し始めているようにも思います。
なかには「トンデモ陰謀論」もありますが、一方では私たちにはなかなか気づかない「AIが引き起こす“ブラックスワン”」のように、人間の手を離れた「陰謀」も真面目に議論されだしてもいます。

「陰謀論」を頭から拒否するのではなく、そこに含意されたさまざまなメッセージの絡み合いを読み解きながら、世界を捉える「仮説」を構築することで、世界が見えやすくなるかもしれません。

そこで今回も、陰謀論に対して微妙に違った考えを持ちながらも、継続的に情報収集と分析評価している中嶋さんと北川さんに、最近、それぞれが関心をもって調べてきたこと、気づいてきたことなどを話してもらい、私たちの世界を少し広げてもらおうと思います。

話題は、たとえば、「アメリカ大統領不正選挙後?」「コロナは、人工的に作られた?」「仕掛けられたパンデミック?」「DSによる人口削減としてのコロナとワクチン?」「ワクチンパスポートは監視社会の入り口?」「そもそも日本史全体が陰謀?」など、さまざまな切り口になると思いますが、それを「信じる信じない」ではなく、そこから何が見えるか、私たちは何に気をつけなければならないか、を話し合えればと思います。

おふたりによれば、すでに状況は新しいステージへと変わろうとしてきているようです。
どう変わろうとしているのか、そして私たちの生活にはどういう影響があるのか、さらには私たちとしてできることは何のか。
そんなことをみんなで話し合えたらと思っています。

陰謀論には拒否感があるという方も歓迎ですし、興味本位での参加も歓迎です。
暑気を吹き飛ばすほどに、話も壮大に広げながら、「いまここにある危機」に気づくよいな、そんなサロンになればと思っています。

〇日時:2021年8月22日(日曜日)午後2時~4時半
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「世界に広がる〝陰謀論”から見えてくること」
〇話題提供者:中嶋一統さん+北川泰三さん
〇会費:500円
〇参加申込先:qzy00757@nifty.com(佐藤)

|

« ■節子への挽歌5094:不快な気分に陥っています | トップページ | ■黒い雨はどこまで降ったか »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5094:不快な気分に陥っています | トップページ | ■黒い雨はどこまで降ったか »