« ■第10回益田サロン「遺伝子は〈夢〉を見るか」報告 | トップページ | ■湯島サロン「他人の写真で自己発見・ 自己覚知 ~ 写真の解読も何かに役立つ?」のご案内 »

2021/09/03

■節子への挽歌5125:耳を澄ませば大空にかの人の声が聞こえて

節子

9月になってしまいましたGふぁ、またしばらく挽歌をさぼっていました。
そのせいか、元気ですかと言うメールもいただきました。
まあ、元気と言えば元気ですが、元気がないと言えば元気でない日が続いています。

今日は節子の14回目の命日です。
命日気分(と言うのもおかしいですが)がどうも出てこないのですが、朝早く、深紅のバラの花が届きました。
節子も知っている升田さんからでした。
そういえば、昨年ももらいました。

Img_20210903_083451

メッセージカードがついていましたが、バラがついたお礼をメールしたら、もともとの手書きのメッセージカードの写真が送られてきました。
花束について歌花屋さんが作ったものは、いかにも仏事的な感じでしたので、よく読まずに捨ててしまいましたが、手書きのカードは繰り返し読みました。
印象がまったく違うのです。
ちなみに、私は「仏事イメージ」がとても嫌いで、供花などは辞退させてもらっているのです。
でも手書きのメッセージはまったくちがいます。

メッセージの最後に、

耳を澄ませば大空にかの人の声が聞こえて

とありました。
でも残念ながら今日は聞こえませんでした。



Img00227

早速活けてもらい、節子に供えました。

節子の命日も、もう14回目  。
はやいものです。
しかしなかなか元気が出てきません。
命日前後は、なぜか気が沈みます。

|

« ■第10回益田サロン「遺伝子は〈夢〉を見るか」報告 | トップページ | ■湯島サロン「他人の写真で自己発見・ 自己覚知 ~ 写真の解読も何かに役立つ?」のご案内 »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■第10回益田サロン「遺伝子は〈夢〉を見るか」報告 | トップページ | ■湯島サロン「他人の写真で自己発見・ 自己覚知 ~ 写真の解読も何かに役立つ?」のご案内 »