« ■令和版所得倍増計画への希望 | トップページ | ■岸田人事再考 »

2021/09/30

■節子への挽歌5158:畑はやめることにしました

節子

久しぶりに畑に行ったら、もうまた「原野戻り」をしていました。
なにしろこの1か月ほど、ご無沙汰してしまったのですから、仕方ありません。

節子ががんばって「開拓」したところも、やはり継承はできないまま、放棄することになりそうです。
もう返却しようと思います。
経済的負担もちょっと限界に来ましたので。
いささか感慨深いものがありますが、節子も許してくれるでしょう。

節子が始めたことが、こうして次々と消えていきます。
しかし、畑に関しては、よくまあここまで続けてきたものです。
まあ節子は褒めてくれるでしょう。
節子がいなくなってからは、収穫はほぼゼロでしたが。

そういえば、家の片づけも少しずつですが、進んでいます。
節子の手紙やスケッチ、あるいは油絵なども、なかなか手が付けられません。
まあ結局はみんな捨てられることになるでしょうが、そう簡単ではないのです。

一番の難問は節子に日記です。
私は節子と結婚した時に、すべての日記を廃棄しました。
過去をすべて捨てようと思ったからですが、節子はそれまでの日記を持ってきました。
何となく捨てられなかったのです。
だから今も残っていますが、これをどうするか。

読むのはいまでも結構つらい。
むすめたちはたぶん読まないでしょう。
そういうものが、まだたくさんある。

前途多難です。
それでも畑はやめることにしました。
ちょっと重荷から解放されます。

 

|

« ■令和版所得倍増計画への希望 | トップページ | ■岸田人事再考 »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■令和版所得倍増計画への希望 | トップページ | ■岸田人事再考 »