« ■第1回リンカーンクラブ研究会報告 | トップページ | ■節子への挽歌5129:近くの防犯カメラの点検に立ち会いました »

2021/09/06

■節子への挽歌5128:落ち着かない1日

節子

もう2日前になりますが、兄から電話がありました。
かなり慌てている様子です。
病院からだそうで、先ほど、義姉が意識を失い倒れたのだそうです。
救急車を呼んで病院に着いたそうです。
慌てていたので、自宅のガスをつけたままかもしれないというのです。
急いでユカに確認に行ってもらいました。

私はちょうどその時、自治会関係でバタバタしていたこともあるのですが、自動車が運転できないので、こういう時にはユカにすべて任せなければいけません。
その後、義姉は検査が終わり、原因もわかりましたので、帰宅できることになりました。
大ごとにならずにホッとしました。

しかし、こういうことは決して他人事ではありません。
いつ私も同じような状況になるかもしれません。

この日はなぜか孫のにこがずっと2階に来ていました。
その上、友人からの長電話。
それもあってなにやらバタバタしっぱなしでした。

まあこういうこともあるでしょう。
でもちょっと精神的に疲れました、
それでまた生活リズムを壊してしまいました。
というわけでまた挽歌がたまってしまいました。

困ったものです。

|

« ■第1回リンカーンクラブ研究会報告 | トップページ | ■節子への挽歌5129:近くの防犯カメラの点検に立ち会いました »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■第1回リンカーンクラブ研究会報告 | トップページ | ■節子への挽歌5129:近くの防犯カメラの点検に立ち会いました »