« ■「今日の仕事は楽しみですか」 | トップページ | ■節子への挽歌5165:「今日という日のめぐりあわせも感じずにはいられません」 »

2021/10/07

■ストーリーテリング協会主催のワークショップのご案内

今回は湯島サロンではなく、ストーリーテリング協会主催のワークショップのご案内です。
時間帯や参加費などはサロンと違いますので、ご注意ください。
また定員制ですので、参加者は必ず事前にお申し込みください。
以下、案内です。

〈仲間と物語りを創るワークショップのご案内〉

ストーリーテリング協会主催の「物語りを共創するワークショップ」を湯島で開催します。

ストーリーテリング(story-telling)とは物語り、また物語りを語ることを指します。
テレビドラマの水戸黄門は、水戸光圀を主人と仰ぐ助さんと格さんがご老公を支えながら諸国を巡り、悪者を退治する勧善懲悪の物語りです。
毎回、ほぼ同じパターンでストーリーは展開しますが、視聴者は飽きることなく40年以上に渡ってドラマを見続けました。

一つの起承転結のパターンであっても人々が視聴を続ける背景には物語りという手法が持つ不思議なパワーがあります。私たちは、そのパワーを6つに要約してみました。
アリス効果、フェイバー効果、ムービー効果、浸透効果、メモリー効果、トランセンド効果です。
この6つの特性を持つ物語りという手法を利用して、人と人との関係を変えることをストーリーテリング協会の目標と定め、試行錯誤を重ねてきました。
そして協会設立から数年の活動を経て、職場や地域のメンバーである個人の物語りを、ある試験管に入れて触媒を加え、私たちの物語りに転化させる一連のプロセスを見つけました。

「私の物語り」は、それ自体が個人の日常の出来事の紹介に過ぎませんが、「私たちの物語り」に昇華することで個人の出来事や体験が、組織やグループの新しい展開や活性化に役立ち、そして時には大きな改革をもたらします。
今回は「マイストーリー(私の物語り)をアワストーリー(私たちの物語り)に」と題して3時間のワークショップを開催します。

チームビルディング、ファシリテーション、組織改革・・・といったキーワードに関心をお持ちの方にお勧めですが、この度、紹介するストーリーピラミッドという玩具を使って何か楽しい遊びが出来るかも・・・とお考えの方にもお勧めします。

Photo_20211007180401

なおワークショップでは写真の玩具を使うので参加者数を8名までとさせていただきます。時間も通常のサロンは2時間のところを3時間と長く設定しています。
皆様方のご参加をお待ちしています。

〇日時:2021116日(土曜日)午後1時~4
★途中参加はワークショップの流れに乗れませんので5分前にお集まりください。
〇会場:コンセプトワークショップ湯島オフィス
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇ファシリテーター:吉本精樹(ストーリーテリング協会代表)
〇照会・申込先:yosimotoseiki@gmail.com(吉本)
〇参加費:1000円(詳細資料代を含みます)

 

|

« ■「今日の仕事は楽しみですか」 | トップページ | ■節子への挽歌5165:「今日という日のめぐりあわせも感じずにはいられません」 »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■「今日の仕事は楽しみですか」 | トップページ | ■節子への挽歌5165:「今日という日のめぐりあわせも感じずにはいられません」 »