« ■地域で起こっていることに触れると未来が見えてきます | トップページ | ■節子への挽歌5176:筑波山登山報告 »

2021/10/20

■節子への挽歌5175:筑波山に向けて出発

節子

予定通り今日は筑波山に登ります。
昨日は雨だったので迷いはありましたが、すでに一度延期しているので、同行者3人で話しあって、全員合意で決行となりました。
明け方には雨は上がり、日の出もしかりと見える夜明けでした。まさに登山日和です。

朝、7時、常磐線我孫子駅に集合し、菅野さんの自動車で筑波に向かいます。
もう一人の参加者は、杉並から来てくれますが、コロナ騒ぎがなければ毎年、スペインのサンチアゴ巡礼をしている、「歩きのプロ」の鈴木さんですから、安心です。
問題は、間もなく彼岸に旅立つだろう私ですが、彼岸への旅に比べれば、楽な旅でしょう。

大きなリュックには万一の時に備えての靴が入っています。
使わないですめばいいのですが。

陽光を浴びながらいつもより早い朝食を終えて、さて出発。もちろんサンダルです。
富士山と違って、筑波の山は親切で優しいので、私たちを守ってくれるでしょうから、安心です。

久しぶりに小節子も一緒に出発です。

|

« ■地域で起こっていることに触れると未来が見えてきます | トップページ | ■節子への挽歌5176:筑波山登山報告 »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■地域で起こっていることに触れると未来が見えてきます | トップページ | ■節子への挽歌5176:筑波山登山報告 »